会長挨拶

山武郡市医師会のホームページにアクセスして頂き有難とうございます。
当医師会は、1907年(明治40年)11月に設立され今年で107年を迎えました。
その間、幾多の困難や難問にも先達の先生方の熱意、御尽力により乗り越え、
昨年は山武郡市医師会創立百周年記念誌を創刊することができました。
そして、昨年4月より、一般社団法人として新たなスタートを切った所でございます。

当医師会の範囲は東金市、山武市、大網白里市、九十九里町、横芝光町、
芝山町の3市3町で、現在の医療施設数は101、会員数は123名で、
各地域において住民の皆様の健康維持のために、各関係機関と連携を取りつつ
保健、福祉、介護に取り組んでおります。

山武長生夷隅保健医療圏は、様々な医療資源の不足等の中、
これまで初期・二次救急体制は、各公立・民間病院、診療所等の
多大なるご尽力により運用されてまいりました。
しかしながら、県内9つの医療圏の中で、当医療圏の三次救急体制の未整備は
以前より指摘されており、そのような中で本年4月より開院した救命救急センター併設の、
地方独立行政法人東金九十九里地域医療センター(病院名:東千葉メディカルセンター)は、
当医療圏の救急体制の更なる充実を果たす機関として、
住民の皆様の大きな安心につながるものと期待致しております。

ホームページを通して、当医師会の活動内容、医療施設のご案内、休日当番医、
医療情報の提供などを行い、皆様とより良い信頼関係が構築出来ます事を切望しております。

平成26年7月  一般社団法人山武郡市医師会
代表理事 会長 伊藤 よしみ